「ADP雇用統計」とは?雇用統計との違い!


アメリカの雇用統計は最も重要な経済指標で、世界中の株価や為替レートに大きな影響を及ぼします。

そんな雇用統計の前にADP雇用統計が発表されており、先行指標として非常に注目されています。

この記事では、ADP雇用統計について解説します。

ADP雇用統計とは?

ADP雇用統計とは、アメリカの民間機関のADP(Automatic Data Processing, オートマチック・データ・プロセッシング)社が予想している雇用統計です。

雇用統計は、毎月第一金曜日にアメリカの労務省が発表するアメリカの雇用に関する統計で、アメリカの企業や機関に対して行った月ごとの雇用情勢を発表するものです。

世界一の市場であるアメリカの景気を知る上で最も大切な経済指標であるため、市場の注目度は高く、この雇用統計をきっかけに相場のトレンドが変化することが多々あります。

原則、ADO雇用統計は、労務省が発表する雇用統計の2営業日前に発表されます。通常は雇用統計が毎月第一金曜日なので、その2日前の水曜日がADP雇用統計の発表日です。

ADP雇用統計の算出

ADP雇用統計は、アメリカ国内の約50万社の顧客を対象に算出されます。

非農業部門雇用者数がメインになっています。

ADP雇用統計の注意点

ADP雇用統計は、あくまでもADP社が予想して算出しているため、本来の労務省が発表する雇用統計と大きくずれることがあります。

近年は大きく予想を外すことが少なくなりましたが、以前はかなりズレが生じることも多く、あまり信用できない指標だとする投資家も多くいました。

したがって、ADP雇用統計を完全に鵜吞みにするのではなく、本番の労務省が発表する雇用統計のための参考指標程度にとらえておくことが重要です。