「アルトコイン」とは?わかりやすく解説!


仮想通貨のニュースや記事を見ていると、アルトコインという言葉がよく登場します。

アルトコインとは何か、詳しく解説します。

アルトコインとは?

アルトコイン(Altocoin)とは、Alternative Coin(代替コイン)の略で、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)の総称です。

ビットコインの代わりとなる仮想通貨、という意味で、ビットコインの欠点を改善する目的や、ビットコインとは異なる目的をもって作られています。

アルトコインの種類

アルトコインは誰でも作ることができるので、何千何万という種類のアルトコインが存在します。

代表的なものとして、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)が挙げられます。

ビットコインとの違い

ビットコインの代表的な弱点として、取引を完了させるまでに時間がかかる、ことが挙げられます。

ビットコインは取引の完了までに数十分かかることもありますが、リップル/イーサリアム/ビットキャッシュは数妙程度と非常に短いです。

他にも匿名性を高めたアルトコインや、ゲームのプラットフォームなどに特化したアルトコインなど、ビットコインとは異なる目的をもって作られたアルトコインも多数存在します。