【暴騰】仮想通貨、なぜ値上がり?


直近、仮想通貨の値上がりが激しく、ビットコインは時価総額で見ると、過去最高値を更新しました。

価格で見ても高値更新が目前の状況で、まだまだ上昇しそうな雰囲気があります。

この記事では、直近の仮想通貨の高騰要因についてまとめます。

仮想通貨の高騰要因

PayPalの参入

約3億4000万人のユーザを抱える決済サービス大手のペイパル(PayPal)社が、仮想通貨を使って決済できるサービスを提供する、と発表しました。

2021年には約2600万店のPayPal加盟店で仮想通貨を用いた支払いが可能になる見込みです。

現在のところ、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの4通貨が対応可能で、今後は他の仮想通貨にも広げていく見込みです。

仮想通貨は実需がないことが問題でしたが、PayPalの参入により、実需が一気に増える可能性があります。

企業が仮想通貨へ投資

Square社やマイクロストラテジー(MicroStrategy)社が自社の資産の一部を使って、ビットコインに投資を始めた、というニュースがありました。

詳しくはこちらをご覧ください。

同じように他の企業が仮想通貨への投資を始める可能性があり、市場の一定の信任を得た、と言えます。

中央銀行の金融緩和

日銀だけでなく、FRBやECBなど、世界各国の中央銀行が金融緩和策を打ち出しており、インフレが懸念されています。

これに伴って、金や銀などのコモディティやデジタルゴールドと呼ばれている「ビットコインなどの仮想通貨」の需要が上がったと思われます。

新興国の金融不安

新型コロナの影響もあり、新興国の経済情勢は良くなく、デフォルトの懸念が広がっています。

国家がデフォルトすると、一般的にはその国発行の通貨は信頼を失い、大暴落します。

そのため、誰でも手に入れることができるビットコインなどの仮想通貨への資金逃避が行われた可能性があります。