キャッシュレス決済で「ポイント還元」?10月開始!


2019年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられることになりました。

10月の消費増税では、一部の商品を8%の税率に据え置く「軽減税率」とキャッシュレス決済を活用した場合の「ポイント還元」が実施されます。

「ポイント還元」は増税による消費減を抑えるために導入されることとなりました。

ここでは、「ポイント還元」の制度について詳しく解説します。

「軽減税率」についてはこちらをご覧ください。

キャッシュレス決済でポイント還元される?

2019年10月1日の増税後から、対象となる店舗でキャッシュレス決済で物やサービスを購入した場合、消費者にポイント還元されることになりました。

ポイント還元は2020年6月30日までの9ヵ月間の限定の施策です。

ポイント還元率は2%と5%の2種類が存在します。

ポイント還元の対象は?

「加盟店に登録された店舗」で「キャッシュレス決済」を行った場合、還元の対象となります。

「加盟店に登録されていること」と「キャッシュレス決済を行うこと」の2条件を2つとも満たさないといけません

条件1: 加盟店に登録されていること

加盟店に登録された店舗が対象となります。

一般に、中小企業・小規模事業者が運営する店舗は5%で、コンビニやガソリンスタンドなどのフランチャイルズ店舗は2%の還元率となります。

Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピングなどのオンライン店舗でも、出店している店舗が中小企業・小規模事業者の場合は、還元の対象となります。

対象の店には下のようなマークが掲示されます。

加盟店は以下のURL(経済産業省公式)で確認してください。

https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190906004/20190906004.html

条件2: キャッシュレス決済を行うこと

対象となる主な決済手段は、「クレジットカード決済」「デビットカード決済」「電子マネー決済」「プリペイドカード決済」「QRコード決済」「バーコード決済」となります。

対応するクレジットカード/デビットカード

クレジットカード大手は概ね対応しています。

MUFGカード、三井住友カード、クレディセゾン、JCB、UCカード、イオンカード、ビューカードなどは「請求額から減算」して還元されます。

AMEX、楽天カード、オリコカード、エポスカードなどは「独自のポイントを付与」することで還元されます。

ただし、基本的に上限額は1枚のカードにつき15,000円/月となります。

他のカードなどは以下のURL(CASHLESS公式)で確認してください。

https://cashless.go.jp/consumer/bin-settlement-company-typeA.html

対応する電子マネー/QRコード/バーコード

主要なものだけ列挙します。

LINE Pay、PayPay、Yahoo!ウォレット、メルペイ、d払い、Origami Pay、楽天ペイ、楽天Edy、au Pay、nanaco、WAON、PASMO、PiTapa、J-coin Pay、Tマネーなど

他の電子マネー等が対応しているかどうかは以下のURL(CASHLESS公式)でご確認ください。

https://cashless.go.jp/consumer/non-bin-settlement-company-typeA.html