ETF

近年、アメリカ株ブームでアメリカ株のETFへの投資が流行していますが、日本人が国内で生活することを考えると、為替リスクがない、日本株への投資も魅力的です。長期の資産形成を考えるのであれば、TOPIX連動型のETFがおすすめです。ただ、TOPIX連動型のETFは数が多く、どれを選んだらいいのかわからない人も多いと思います ...

ETF

VSS(バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF)は、アメリカを除く全世界の小型株市場に投資できるETFです。この記事では、VSSの概要・構成国・構成銘柄・構成セクター・パフォーマンスについてまとめます。 VSSとは? VSS(バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャッ ...

ETF

VONG(バンガード・ラッセル1000・グロースETF)はバンガード社が提供する、大型グロース株に連動するETFです。歴史的には、S&P500に比べるとかなり高パフォーマンスで、低経費率なのでおススメのETFです。この記事では、VONGの概要・構成セクター・リターン・構成銘柄についてまとめます。 VONGとは? ...

ETF

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)は世界中の投資可能なほぼ全ての株に分散投資するETFです。経費率も0.08%と安いため、長期積立投資に適した投資商品と言えます。しかし、実はVTは他のETFを組み合わせることで、より低い経費率で投資することが可能です。この記事では、VTよりも低経費率で世界に分散投資 ...

ETF

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)はバンガード社が提供する、世界の株式に連動するETFです。低経費率で全世界の投資可能な市場の時価総額の9割以上をカバーできているため、長期投資におススメです。この記事では、VTの概要・構成国・構成銘柄・構成セクター・利回りについてまとめます。 VTとは? VTはバン ...

ETF

VEAはアメリカを除く先進国の小型~大型株に分散投資できるETFです。近年はアメリカ株への投資が流行していますが、将来的にアメリカがずっと成功するとは限らないため、リスクヘッジとしておススメです。この記事では、VEAとは何か、構成国、構成銘柄、構成セクター、経費率などについて紹介します。 VEAとは? VEAとは、アメ ...

ETF

EFAは日本やヨーロッパを中心とする、アメリカ・カナダ以外の先進国の中・大型株に分散投資できるETFです。近年はアメリカ株への投資が流行していますが、将来的にアメリカが没落する可能性もあるので、リスクヘッジとしてアメリカ以外への投資もしておくべきでしょう。この記事では、EFAとは何か、構成国、構成銘柄、構成セクター、経 ...

ETF

AGG(iシェアーズ・コア・米国総合債券市場ETF)はアメリカの債券に分散投資できるETFです。安定した値動きと利回りが魅力で、リーマンショックや新型コロナショックでもほとんど資産価値を落とさず乗り越えてきました。この記事では、AGGの概要・配当利回り(分配金)・構成銘柄・資産構成について紹介します。 AGGとは? A ...

ETF

東証に上場する銀行株にまとめて投資したい場合、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)が有望な投資先になります。銀行株は高配当株になっている傾向があるため、インカムゲイン目的の長期投資家にもおススメです。この記事では、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)の概要・構成銘柄・信託報酬・分配利回りについて ...

ETF

著名な投資家のウォーレン・バフェットは、投資家への手紙の中で、自分の死後は運用資産の90%をS&P500に、残りの10%をアメリカの短期国債に投資せよ、と妻に遺言を残した、と明かしています。S&P500へ投資する方法として、最も一般的な方法はS&P500連動型のETFを購入することです。しかし、 ...

ETF

IVV(iシェアーズ・コアS&P500 ETF)はブラックロック社が運営しているETFで、S&P500に連動しているETFです。S&P500は長期的に見れば一貫して上昇しており、7%程のリターンが得られることが知られています。この記事では、IVVの概要、構成銘柄、構成セクターについてまとめます。 ...

ETF

近年、レバレッジ型ETFが人気になっており、「日経平均レバレッジ上場投信」が売買代金で東証の1位になることも多くなりました。レバレッジ型ETFは短期売買に適しているのですが、長期投資には向きません。この記事では、レバレッジ型ETFが長期投資に向かいない理由をまとめます。 レバレッジ型ETFの仕組み 一般的にレバレッジ型 ...