投資用語

新型コロナウイルスの影響で一時は株価が大暴落したものの、6月9日にNASDAQが過去最高値を更新するなど、株価は結局値を戻し、相場はかなり好調です。一方で実態経済は新型コロナウイルスの流行前ほどは戻っていないため、バブルではないかと不安視する投資家も多くなっています。CAPEレシオ(シラーPER)はこのような際に役立つ ...

投資用語

新型コロナウイルスの影響でコミットメントラインを結ぶ会社が増えています。大手企業も例外ではなく、コミットメントラインを銀行と結ぶ企業が次々と出ています。ここでは、コミットメントラインの概要、契約、仕組み、などについてまとめます。 コミットメントラインとは? コミットメントラインとは、「借り手となる企業」と「貸し手となる ...

投資用語

FXのシステムトレードなどでは、ドローダウンや最大ドローダウンを意識して資産運用を行う必要があります。ここでは、ドローダウンの概要、計算方法、決め方の目安、使い方などについてまとめます。 ドローダウンとは? ドローダウンとは、最大投資資産からの下落率のことです。これをどれくらいに設定するかがリスク管理の観点から重要です ...

投資用語

CAC40という指標をご存知ですか?日経平均やダウなどは一度は聞いたことがある人が多いと思いますが、CAC40はあまり聞いたことがない人もいるのではないでしょうか?CAC40はフランス株の代表的な指標で、ヨーロッパ市場では、イギリスのFTSE100、ドイツのDAXと並んで注目されています。この記事では、CAC40の概要 ...

投資用語

日銀短観は日本の景気動向を知るために非常に重要な指標で、日銀も金融政策を決定する際に日銀短観を参考にしています。他の指標に比べて、調査結果が出るのが早いため、市場でもかなり注目されています。この記事では、日銀短観の概要、見方、計算方法について解説します。 日銀短観とは? 日銀短観(もしくは全国企業短期経済観測調査)とは ...

投資用語

日銀の金融政策を語る際、マネタリーベースを中心とした議論が行われることも多いかと思います。この記事では、マネタリーベースとは何か、なぜ注目すべきなのか、についてまとめます。 マネタリーベースとは? マネタリーベースとは、中央銀行が供給する通貨のことで、市中に出回っている現金の発行高(紙幣と貨幣の合計)と金融機関が中央銀 ...

投資用語

オペレーションツイストとは、市場にある資金供給量を一定にしたまま、長・短期金利を逆方向に操作する金融政策の一つです。過去、FRBが何度も用いてきた金融政策で、最近では2011年9月に実施しました。この記事では、オペレーションツイストの概要や効果についてまとめます。 オペレーションツイストとは? オペレーションツイストと ...

投資用語

ROEは企業の価値を測る上で非常に重要な指標で、優良企業の判別法としてよく活用されます。日本ではROEが8%程あれば優良企業だと言われています。この記事では、ROEについてわかりやすく解説します。 ROEとは? ROE(Return On Equity)とは、自己資本利益率のことで、株主が拠出した資本(自己資本)を利用 ...

投資用語

企業の資金調達の方法として、MSCBという手法が用いられることがあります。現在は東証の規制により、減ってきている手法ではありますが、経済界ではたまに耳にする用語です。ライブドアがニッポン放送の株を買い占める際に、MSCBを使って資金調達したことが有名です。 MSCBとは? MSCB(Moving Strike Conv ...

投資用語

投資家であれば、資産運用の際のポートフォリオは常に気になるポイントだと思います。ヘッジファンド界の帝王と呼ばれる、レイ・ダリオ氏はリスクを抑えつつ安定したリターンを得るポートフォリオとして、『オールウェザー・ポートフォリオ』を提案しています。ここでは、オールウェザー・ポートフォリオ(オールシーズンズ・ポートフォリオ)に ...