『FX』とは?個人投資家に大人気!


FXの正式名称は『外国為替証拠取引』といい、Foreign eXchangeの略からFXと呼ばれています。

この記事ではFXの基礎について解説します。

投資方法

為替間の価格変動に着目して、その差益を狙って稼ぐのがFXです。

例えば、1ドル100円の時に、日本円で100円分(1ドル)のドルを購入し、1ドル110円の時に売却した場合、

(利益)=(110円/ドル)×(1ドル)-100円=10円

の利益を得ることができます。

逆に 1ドル100円の時に、日本円で100円分(1ドル)のドルを購入し、1ドル90円の時に売却した場合、 10円の損となります。

メリット

レバレッジ

少ないお金で大きな金額の取引が可能です。現状、最大元手資金の25倍の取引が可能です。

取引時間が長い

平日であれば24時間取引可能です。世界の主要都市にインターバンク市場が存在するためです。

そのため、副業投資家や日中忙しい方でも取引に参加することができます。

スワップポイント

通貨ペアによっては、為替間の金利差を活用して、スワップポイントと呼ばれる金利差を受け取ることができます。

例えば、2019年4月現在、ドルの金利は円の金利よりも高いため、1万通貨(1万ドル=約110万円)あたり80円前後のスワップポイントを受け取ることができます。

ただし、逆に相対的に金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買う場合(先の例ではドル売り円買い)、スワップポイントを支払う必要があります。

買い/売り両方可能

買い/売り両方の取引が可能です。また通貨ペアも多彩です。

ただし、金利が相対的に低い通貨を買うとスワップポイントを支払う必要があります。

デメリット

損失が大きくなりやすい

レバレッジを最大25倍効かすことができるので、レバレッジを使っている時に予想した方向と逆に大きく動くと、大きな損失が出ます。

24時間動くマーケット

為替は株と異なり、24時間中値動きがあります。大きな金額の取引を行うと寝れない人も…。。

精神衛生面上良くないので、あくまでも余剰資金/低レバレッジでの投資を推奨します。