『SIMロック』の解除法!


SIMロックされると契約したキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線しか使えなくなります。

例えば、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安スマホに乗り換える場合、同じキャリアの回線を使用する場合はSIMロック解除が必要ないですが、異なるキャリアの回線を使用する場合はSIMロック解除が必要となります。

この記事では、キャリアごとのSIMロック解除法について詳しく解説します。

SIMカードについてはこちら

SIMロックとは?

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、顧客を囲いこむためにSIMロックをかけています。

SIMロックをかけられると、契約した会社の回線しか使えなくなります

SIMフリーとは、SIMロックの対義語で、どこの会社の回線でも使える状態のことを言います。

総務省の指導により、2015年5月以降に販売された携帯電話の場合、実機を店舗に持っていくことで、SIMロックを解除してもらえるようになりました。

SIMロックの解除法

SIMロックを解除するためには、各キャリアごとに条件があり、それを満たす必要があります。

以下では、SIMロック解除の条件と、SIMロックの解除の方法をキャリアごとにまとめます。

ドコモ

SIMロック解除の条件(ドコモ)

(1) 2015年5月以降に発売された機種であること。2015年5月以前のものはドコモが指定する機種である場合可能

(2) ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと

(3) 購入から100日経過した機種であること。ただし、『過去に同回線でSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過している』、『一括払いもしくは分割支払いの精算が完了している』場合可能

SIMロック解除の方法(ドコモ)

(1) ドコモショップ店頭で申し込む(手数料3000円)

(2) ドコモオンライン手続き(My docomo)で申し込む(手数料無料)

(3) ドコモの携帯電話から『151』に電話する(手数料3000円)

au

SIMロック解除の条件(au)

(1) 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること

(2) 契約者本人の購入履歴があること

(3) ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと

(4) 機種購入日から101日目以降であること。ただし、『過去に同回線でSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過している』、『当該機種を一括払いで購入している』場合可能

(5) 回線契約を解約済の場合、解約日から100日以内であること

SIMロック解除の方法(au)

(1) auショップ店頭で申し込む(手数料3000円)

(2) auオンライン手続き(My au)で申し込む(手数料無料)

Softbank

SIMロック解除の条件(Softbank)

(1) 2015年5月以降に発売された機種であること

(2) 契約者本人であること

(3) ネットワーク利用制限商品でないこと

(4) 機種購入日から101日目以降であること。ただし、『2017年12月1日以降に同回線でSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過している』、『当該機種を一括払いで購入している』場合可能

(5) 解約済製品の場合、解約日から90日以内であること

SIMロック解除の方法(Softbank)

(1) ソフトバンクショップ店頭で申し込む(手数料3000円)

(2) Softbankオンライン手続き(My softbank)で申し込む(手数料無料)