データ専用SIMで通話する方法!


SIMには、『音声対応SIM』と『データSIM』の2種類があります。

音声対応SIMは、データSIMよりも月額料金が高い代わりに、080や090で始まる電話番号を使うことができます。

じゃあ、データSIMだと通話できないの!?

いえ、全くそんなことはありません。

ここでは、データSIMで通話する方法を解説します。

データSIMと音声対応SIMの違い

SIMには、『音声対応SIM』と『データSIM』の2種類があります。

月額料金が異なるため、この2つで悩まれる方も多いのではないでしょうか。

音声対応SIMはインターネットと音声(電話)の両方が利用できるSIMのことで、データSIMはインターネットのみが利用できるSIMのことです。

ただし、音声対応SIMでないと電話が使えないわけではなく、実はデータSIMでも通話を行うことが可能です。

データSIMで通話する方法

無料で通話できるアプリ

無料で通話できるアプリで代表的なものとして、LINE、Skype、Discordなどが挙げられます。

これらのアプリはインターネット回線で通話しているため、データSIMでも問題なく使えます。

電話番号をもらえるアプリ

固定電話の電話番号がない人など、電話番号がないと各種手続きの際で困ることがあります。

050で始まる電話番号が取得できるサービスがあり、楽天が運営しているSMARTalk、NTTが運営している050 plus、ブラステルのMy 050などが挙げられます。

これらのサービスは有料ですが、専用の050から始まる番号がもらえる上、通常の電話よりも安価(約1/3)に利用することができます。