『SIMカード』とは?


近年、『格安スマホ』が話題になっていますよね?

格安スマホに乗り換えれば月々の料金が大幅に安くなるので、キャリア携帯(ドコモ/au/ソフトバンク)をお使いの方は乗り換えをおススメします。

この記事では、乗り換えの際に重要となる概念、『SIMカード』について詳しく解説します。

SIMカードとは?

SIMカードとは、携帯電話やタブレットなどに入っているICカードのことを言います。

モバイル回線でインターネットや通話をするために必須の物です。

SIMカードには、どこの会社と契約しているか(ドコモ、au、ソフトバンク)といった契約情報や、加入者を特定する固有番号などが記載されています。

SIMフリーとは?

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、顧客を囲いこむためにSIMロックをかけています。

SIMロックをかけられると、契約した会社の回線しか使えなくなります

SIMフリーとは、SIMロックの対義語で、どこの会社の回線でも使える状態のことを言います。

総務省の指導により、2015年5月以降に販売された携帯電話の場合、実機を店舗に持っていくことで、SIMロックを解除してもらえるようになりました。

SIMロックの解除法についてはこちらの記事で詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

乗り換え時、SIMカードで注意すべきこと

SIMロックの解除が必要な場合がある

ドコモからau、auからソフトバンクなど、キャリア間で乗り換えをする場合は、SIMロック解除を行わないと同じ端末が使えません。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安スマホに乗り換える場合、同じキャリアの回線を使用する場合はSIMロック解除が必要ないですが、異なるキャリアの回線を使用する場合はSIMロック解除が必要となります。

例えば、ドコモと契約した携帯電話を持っているとします。格安スマホの提供会社(MVNOと呼ばれています)がドコモの回線を使っている場合、SIMロック解除なしで同じ携帯電話を使うことができます。

一方で、格安スマホの提供会社(MVNO)がソフトバンクの回線を使っている場合、SIMロックを解除しないと、ドコモで契約していた端末は使うことができません。

ただし、auの場合、2017年8月以前に販売された機種はSIMロック解除が必須になります。

SIMカードには色々なサイズがある

SIMカードには3種類のサイズがあります。

標準SIM(15mm×25mm)、Micro SIM(12mm×15mm)、nano SIM(8.8mm×12.3mm)です。

SIMカードには音声通話ありとなしの2パターンがある

SIMカードには、音声通話ありとなしの2パターンが存在します。

前者を『音声通話SIMカード』、後者を『データ専用SIMカード』と呼ぶこともあります。

音声通話ありのSIMカードは、080や090で始まる電話番号を持っているSIMカードのことです。電話もインターネットも使えますが、データ専用SIMカードより月額料金が割高になります。

音声通話なしのSIMカードは、電話番号がないSIMカードで、インターネットのみ使えます。

ただし、LINEの電話、Skpe、Facebookなど、インターネットを介した通話はできます。

インターネットを介して通話する方法についてはこちらをご覧ください。