証券コードには法則性がある!


株にはそれぞれ証券コードという4ケタの番号が割り当てられています。

例外はありますが、証券コードには法則性があります。

この記事では、そんな法則について解説します。

証券コードの決め方

証券コードは原則、業種別に番号が決まっていて、銘柄の業種に応じて番号が付与されます

対象となっているのは、上場株だけでなく、公募債券や色々な上場証券も対象となっています。

1300番台

農業・水産

1500番台~1600番台

鉱業

1700番台~1900番台

建設

2000番台

食品

3000番台

繊維・紙

4000番台

化学・医薬品

5000番台

資源・ゴム

6000番台

機械・電機

7000番台

自動車・輸送用機械・精密機械

8000番台

金融(銀行/証券)・商業・不動産

9000番台

運輸・情報通信・電気ガス

注意点

原則は上のような番号の与えられ方をしていますが、近年は番号が不足してきたこともあり、新規上場株には、業種に関係なく2000~4000番台が与えられることが多くなっています。