「仕組債」とは?メリット/デメリットまとめ


普通預金や定期預金にお金を預けても、あまり金利が良くないのでお金が増えませんよね。

仕組債は、普通預金や定期預金に比べると、高い金利を提示している債券で、各証券会社で購入することができます。

この記事では、仕組債の概要、メリット、デメリット、などについてまとめます。

仕組債とは?

仕組債とは、普通の債券とは異なる特別な仕組みをもつ債券のことです。

特別な仕組みとしては色々ありますが、満期、利子、償還金などに条件を設けているものが多いです。

例えば、とある株式に対して、ある一定の期間中に株価が一定の割合以上下落しなかった場合は高い利子を受け取ることができますが、一定の割合以上下落した場合(ノックイン事由と呼ばれます)は損失となってしまう債券が代表例です。

他にも、満期が10年だが、早期償還条件が付帯されている債券などがあります。この場合、利子が高く設定されていますが、早期償還されてしまうリスクがあります。

仕組債のメリット

仕組債のメリットとして、投資家や発行体のニーズに応じて、比較的自由に条件が設定できることが挙げられます。

仕組債のデメリット

仕組債は、発行体側のデメリットは少ないのですが、投資家側にデメリットが多いことが多いので、注意が必要です。

全てがダメだと言うつもりはありませんが、一般に証券会社が個人投資家に販売している仕組債は投資家にとって不利な条件の仕組債が多く、あまり儲からない投資先になっていることが多いです。

投資初心者の方にはあまり向かない投資先なので、投資初心者の方は仕組債には手を出さないことをおススメします。