投資用語

相場の格言で、「もうはまだなり まだはもうなり」というものがあります。これは、相場は投資家の予想の通りにはなかなか動かない、慎重に投資判断をすべきだ、という意味です。 格言の意味 「もうはまだなり まだはもうなり」とは、もう相場の底値(高値)だと思う場合はまだ底(頂点)ではない、まだ下落(上昇)すると思う場合はもうこの ...

投資用語

SOFRはアメリカの銀行間取引の指標となる金利です。LIBORの移行先になると言われており、将来的には世界中の債券金利の基準になる可能性が高そうです。この記事では、SOFRについてまとめてみました。 SOFRとは? SOFRとは、2018年4月から公開されている、アメリカの銀行間取引の指標となる金利で、金融機関同士での ...

投資用語

アイランド・リバーサルがチャート上に現れるとトレンドが転換すると言われています。この記事では、アイランド・リバーサルについてまとめて解説します。 アイランド・リバーサルとは? アイランド・リバーサルは株式のテクニカル分析に使われる概念で、窓を開けて上昇/下落した後、逆側に窓を開けて下落/上昇したチャートのことです。チャ ...

投資用語

ToSTNeT取引とは、東京証券取引所の立会外取引のことです。バスケット取引・大口取引・自社株買いなどで使われるため、「ToSTNeT」という言葉自体は見たことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ToSTNeT取引の概要、ToSTNeT-1・ToSTNeT-2・ToSTNeT-3の違いについて解説します。 ...

投資用語

中小型の成長株への投資を考える場合、PEGレシオという指標が参考になります。PEGレシオは現在の利益だけでなく、利益成長率も考慮した指標です。この記事では、PEGレシオの概要・計算方法・使い方について解説します。 PEGレシオとは? PEGレシオとは、Price Earnings Growth Ratioの略で、企業の ...

投資用語

MMFは、安全性の高い債券を中心に組まれている投資信託のことです。普通預金よりかは金利が高いことが多いので、安全に利回りを得ることができます。この記事では、MMFについてまとめてみました。 MMFとは? MMFとは、Money Management Fund(マネー・マネージメント・ファンド)の略で、安全性の高い債券を ...

投資用語

ユーロ圏投資家信頼感指数は、ヨーロッパの投資家の心理を示しています。一般的にはこの指数に逆張りするとうまくいきやすいと言われている指標で、今後の株価を予想する上で参考になるデータです。ここでは、ユーロ圏投資家信頼感指数について解説します。 ユーロ圏投資家信頼感指数とは? ユーロ圏投資家信頼感指数とは、ユーロ圏に対する投 ...

投資用語

ブロードニング・フォーメーションとは、上値が切り上がっていく一方で、下値が切り下がっていく状態のことで、一般的には株価の天井圏でよく現れます。ここでは、ブロードニング・フォーメーションとは何かについてチャートを使って解説します。 ブロードニング・フォーメーションとは? ブロードニング・フォーメーションとは、上値が切り上 ...

投資用語

RCIは相場の過熱感を測り、価格が割高か割安かを判定するテクニカル指標です。この記事では、RCIの概要、計算方法、使い方についてまとめます。 RCIとは? RCI(Rank Correlation Index、順位相場指数)とは、相場の過熱感を測り、価格が割高か割安かを判定するテクニカル指標です。RCIは-100%から ...

投資用語

近年、STOという仮想通貨を使った資金調達方法が注目を浴びています。今までの仮想通貨を用いた資金調達は、詐欺的な案件が多く、問題になることも多かったのですが、STOは安全な資金調達方法で、将来の資金調達の在り方を変えるのではないか、と言われています。この記事では、STOとは、STOのメリット、ICOやIEOとの違い、に ...