【1615】東証銀行業株価指数連動型上場投資信託とは?


東証に上場する銀行株にまとめて投資したい場合、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)が有望な投資先になります。

銀行株は高配当株になっている傾向があるため、インカムゲイン目的の長期投資家にもおススメです。

この記事では、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)の概要・構成銘柄・信託報酬・分配利回りについてまとめます。

東証銀行業株価指数連動型上場投資信託とは?

概要

東証一部上場銘柄は33種類の業種に分類されています。

東証銀行業株価指数は、その33種類の業種の中の「銀行業」に分類された株が構成銘柄となっています。

構成比率は、TOPIXと同じように時価総額加重平均方式(採用銘柄の時価総額を考慮して算出する)で計算されています。

信託報酬

0.242%(税込)

分配金実績

過去18年の分配金の実績は以下の通りです。

大手銀行は年々配当金を増やしていることが多いため、分配金は年々増加傾向にあります。

構成銘柄

2020年7月末の構成銘柄は以下のようになっています。上位20社のみ示します。

三菱UFJフィナンシャルグループ:26.16%

三井住友フィナンシャルグループ:18.83%

みずほフィナンシャルグループ:16.86%

三井住友トラスト・ホールディングス:4.98%

りそなホールディングス:3.63%

ゆうちょ銀行:2.17%

コンコルディア・フィナンシャルグループ:1.73%

静岡銀行:1.62%

千葉銀行:1.56%

京都銀行:1.35%

ふくおかフィナンシャルグループ:1.25%

めぶきフィナンシャルグループ:1.18%

あおぞら銀行:0.98%

八十二銀行:0.92%

九州フィナンシャルグループ:0.91%

伊予銀行:0.86%

新生銀行:0.85%

セブン銀行:0.83%

中国銀行:0.76%

山口フィナンシャルグループ:0.75%

ETF

Posted by れおちゃま