『アメリカンタイプ』『ヨーロピアンタイプ』、違いは?


オプションの権利行使方法には、『アメリカンタイプ』、『ヨーロピアンタイプ』、『バミューダタイプ』の3パターンがあります。

ここでは、これらの3パターンの仕組みや違いについてわかりやすく解説します。

オプション取引の仕組みや用語をまとめて学習したい方は、こちらをご覧ください。オプション取引についてわかりやすく解説する記事をまとめています。

オプション取引の権利行使方法

オプションの買い手は限定リスクで、最大損失はプレミアムの額面に限定されていますが、オプションの売り手は理論上無制限に損失を負う可能性があります。

また、オプションの権利行使の方法には、大きく分けて以下の3つがあります。

アメリカンタイプ

権利行使期間中、いつでも権利を行使できるタイプのオプション。

プレミアムが最も高く設定されます。

ヨーロピアンタイプ

あらかじめ決まった権利行使日のみに権利が行使できるオプション。

プレミアムが最も低く設定されます。

バミューダタイプ

アメリカンタイプとヨーロピアンタイプの中間的な概念。

あらかじめ決められた複数の権利行使日のみに権利が行使できるオプション。

プレミアムも中程度となります。