オプション取引の「メリット」「デメリット」


ここでは、オプション取引のメリットやデメリットについてわかりやすく解説します。

オプション取引には様々なメリット・デメリットがあるので、オプション取引をするのであればしっかり理解しておきましょう。

オプション取引の仕組みや用語をまとめて学習したい方は、こちらをご覧ください。オプション取引についてわかりやすく解説する記事をまとめています。

メリット

レバレッジ効果

少額の手持ち資金で大きな取引を行うことが可能です。ただし、予想した方向と逆に価格が推移した場合、大きな損失を被る可能性があります。

取引戦略の多彩さ

一般的には買いか売りの2択ですが、先物/オプション取引には多彩な投資戦略があります。

価格変動が小さい時に利益が出る方法、価格変動が大きい時に利益が出る方法など、様々なパターンに応じた投資戦略を取ることができます。

具体的な投資戦略の例についてはこちらを参考にしてください。

取引時間の長さ

日本株などは朝9時~昼3時まで、などと取引時間が短い傾向にありますが、例えば日経先物などは朝8時45分~早朝5時30分まで取引を行っています。

副業トレーダーにとっては夜間に取引ができるので大きなメリットになります。

また、取引時間内にアメリカ市場での取引時間が含まれているため、世界で最も大きなアメリカ市場の動向を踏まえながら取引をすることが可能です。

リスク回避

日経225オプション取引などは日経平均に指定されている225社全ての株価に連動するため、例えば1社倒産した場合でも、他の224社が健全であれば大きく下がることはありません。

金利/貸株料がかからない

信用取引では金利/貸株料/逆日歩などが必要になりますが、先物/オプション取引ではこれらが不要です。これは投資家としては大きなメリットです。

デメリット

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジを使っているので、損失が大きくなる可能性があります。

資金管理には十分に注意しましょう。

売り手は無制限に損失を被る可能性がある

先物/オプション取引の売り手は理論上無制限に損失を被る可能性があります。

取引方法を組み合わせたり、途中決済をしたりとリスク回避方法も考えておく必要があります。