『イン・ザ・マネー』『アット・ザ・マネー』『アウト・オブ・ザ・マネー』とは?


オプション取引の買い手側の損益を表現する言葉として、『イン・ザ・マネー』『アット・ザ・マネー』『アウト・オブ・ザ・マネー』というものがあります。

この記事では、それぞれの意味についてわかりやすく解説します。

オプション取引の仕組みや用語をまとめて学習したい方は、こちらをご覧ください。オプション取引についてわかりやすく解説する記事をまとめています。

オプション取引の用語

オプション取引で損益を言う場合、『イン・ザ・マネー』『アット・ザ・マネー』『アウト・オブ・ザ・マネー』という表現があります。

それぞれの意味について解説します。

イン・ザ・マネー

権利行使を行った場合、買い手側の損益がプラスの状態のこと。

ITM(In The Money)とも。

アット・ザ・マネー

権利行使を行った場合、損益が0の状態のこと。

買い手と売り手の間に資産の移動が発生しない状況のことです。

ATM(At The Money)とも。

アウト・オブ・ザ・マネー

権利行使を行った場合、買い手側の損益がマイナスの状態のこと。

OTM(Out Of The Money)とも。