【SPXL】レバレッジETFの構成銘柄・仕組み


SPXLはS&P500にレバレッジをかけて投資することができるETFです。

S&P500は歴史的に高リターンが得られてきた指数で、その指数に3倍のレバレッジをかけることができるので、高パフォーマンスが期待できる反面、レバレッジETF特有の落とし穴もあるので、注意が必要です。

この記事では、SPXLの概要・構成セクター・構成銘柄・仕組みを紹介します。

SPXLとは?

概要

SPXLとは、Direxion社が運用する、アメリカの代表的な株価指数であるS&P500に3倍のレバレッジをかけて投資することができる、レバレッジETFです。

正式名は「ディレクション・デイリー・S&P500・ブル3X・シェアーズ(Direxion Daily S&P500 Bull 3x)」です。

仕組み

SPXLは手数料や経費率を控除する前の段階で、S&P500の日々のパフォーマンスの3倍になるように運用されます。

日々のパフォーマンスに連動しているところがポイントです。

経費率

経費率は0.95%と高めです。

レバレッジをかけているので仕方ないのですが、それにしてもかなり高いですね。。

SPXLのメリット・デメリット

メリット

  • S&P500に対して、3倍のレバレッジをかけて投資することができる
  • 歴史的に高リターンを記録している
  • 値動きが大きいので、短期売買に適している

デメリット

  • 株価の上下が激しいと目減りしやすい
  • 経費率が高い
  • 暴落に弱く、早期償還のリスクがある

株価の上下が生じる場合の例

例として、今日100→明日90→明後日100と株価変動した場合を考えます。変動率がレバレッジ3倍になった場合、今日100→明日70→明後日93.3となります。

今日100→明日110→明後日100と株価変動した場合を考えます。変動率がレバレッジ3倍になった場合、今日100→明日130→明後日94.5となります。

どちらの場合も、今日と明後日の株価を比較すると、レバレッジを使っていない場合は変化がないのですが、レバレッジを使った場合は資産が減ってしまうことになります。

SPXLの構成セクター

2020年6月末時点の構成セクターを紹介します。

SPXLの構成銘柄

2020年6月末時点の構成銘柄上位10社を紹介します。

Microsoft:6.04%

Apple:5.80%

Amazon.com:4.51%

Facebook – クラスA:2.13%

Alphabet Inc – クラスA:1.66%

Alphabet Inc – クラスC:1.61%

ジョンソン・エンド・ジョンソン:1.45%

バークシャー・ハサウェイ – クラスB:1.35%

VISA:1.27%

プロクター・アンド・ギャンブル:1.15%

ETF

Posted by れおちゃま