「ホットウォレット」とは?わかりやすく解説!


仮想通貨のニュースで、「ホットウォレット」という言葉を聞いたことがありませんか?

Coincheck(コインチェック)社の仮想通貨流出事件は、仮想通貨をホットウォレットで管理していたことが一因であると言われています。

ホットウォレットとは何か、解説します!

ホットウォレットとは?

ウォレットには、ホットウォレットとコールウォレットの2種類が存在します。

ホットウォレットとは、インターネットに接続可能な環境ですぐに仮想通貨を送金可能な状態のウォレット(管理庫)のことを言います。

一方、コールウォレットはインターネットから切り離された状態のウォレットのことを言います。

ホットウォレットのメリットとデメリット

メリット

ホットウォレットに入れておくと、すぐに送金可能であるため、利便性が高まります。

デメリット

インターネットに接続されているため、ハッカーに狙われ、盗難される恐れが生じます。

取引所が仮想通貨を盗難された事件は後を絶たず、大きな話題となったCoincheck(コインチェック)社の被害総額が膨大になった一因として、ホットウォレットでほぼすべての仮想通貨を保存していたことが挙げられています。

ホットウォレットの扱い

原則、ホットウォレットに多額の仮想通貨を保存しておくことは望ましくありません。

一方で、ホットウォレットに入れないと送金できなくなるので、取引所では、利便性のために一部をホットウォレットに入れ、残りをコールドウォレットで保管する、などの対策を行っています。