【KDDI】1株株主なのに優待がもらえました!


最近、1株(端株)から投資できる投資サービスが流行っていますよね?

実は1株だけの株主でもいくつの企業では株主優待がもらえることがあります。

この記事では、1株株主だったKDDI(証券コード:9433)から実質的な株主優待がもらえたので、そのことについて紹介します。

1株(端株)株主になる方法

通常、東京証券取引所を介した取引では、1単元にあたる100株からしか取引できません。

しかし、いくつかの証券会社では、主に個人投資家向けに少額から投資できるように、端株で投資できる仕組みを提供しています。

1株から投資できる(=端株に投資できる)証券会社として有名な企業は、LINE証券、SBI証券、auカブコム証券、マネックス証券などです。

特に、LINE証券は簡単に端株に投資できるのでオススメです。

ただし、注意点として端株取引の際の手数料は、通常の単元株(たいてい100株)の取引手数料に比べて相対的に割高になりやすい点に注意が必要です。

1株でKDDIの株主優待がもらえるのか?

KDDIの株主優待制度の公式ホームページでは、1株から株主優待がもらえることについては記載されていないので、実質的に隠れ優待のような形となっています。

なお、厳密には株主優待とは記載されておらず、「株主さま限定クーポン/特典」という名前になっています。

このように名前を変えているのは、100株以上の株主に配慮しているのかもしれません。

また、現状1株からでも株主さま限定クーポン/特典(面倒なので以下株主優待とします)がもらえてはいるのですが、将来的にこれが広まってしまうと廃止されてしまうリスクがある点はご了承ください。

なら、お前が記事にして広めるなよ、っていう説もありますが。。( ̄▽ ̄)

KDDIの1株株主の優待内容

KDDIの株主優待制度では、株数や保有年数に応じて優待内容が変わります。

1株株主の場合、これらの単位株以上を保有している株主に比べると優待内容はやや劣りますが、次のような株主優待を受けることができました(2022年実績)。

Reluxクーポン

Reluxは特別な旅行体験ができる宿泊予約サービスです。

税込55,000円以上で5,000円OFF、税込35,000円以上で3,000円OFFのクーポンです。

また、auスマートパスプレミアム会員の場合、全ての予約で15%OFFとなります。

AEONクーポン

AEONは英会話学校です。

高校生以上で入学金無料と授業料10%OFF、中学生以下で入学金無料と教材費5,000円OFFのクーポンがもらえます。

Telasaクーポン

Telasaは動画配信サービスで、初めての方限定で、30日間無料で利用できるクーポンがもらえます。

menuクーポン

menuはデリバリー&テイクアウト注文ができる食事アプリです。

初めての利用の方限定ですが、1,200円×2回=2,400円のクーポンがもらえます。

KDDIの1株買いはありか?

1株だと約4,000円程度で投資できるので、1株で上記のようなクーポンがもらえると考えるとかなりお得感があります。

一方で、初回限定が条件になっていたりする上、毎回内容が変わっているため、もらってからのお楽しみ、というところでしょうか。

誰でも簡単に投資できる金額なので、検討している価値は十分になるのではないでしょうか。