【2019年】ビットコインのおすすめ取引所!


仮想通貨(暗号資産)について聞いたことはある人は多いのではないでしょうか。

仮想通貨市場は未だにまだまだ伸びしろのある市場であると言われており、仮想通貨の将来性を見込んで投資する人が増えてきています。

中でもビットコイン(BTC)は知名度/実績ともにNo.1の仮想通貨です。

この記事では、ビットコインの購入方法や手順、おすすめの取引所などについて紹介します。

ビットコインの購入方法

ビットコインは原則、インターネットを介した取引所で購入します。

取引所では、仮想通貨の売買を仲介しているので、取引所の口座を開設すれば誰でも売買に参加することができます。

ビットコインを購入するまでに必要なステップは以下のようになります。

  1. 取引所の口座を開設する(メールアドレス/個人情報/本人確認が必要)
  2. 取引所に入金する
  3. 仮想通貨(ビットコイン)を購入する

なお、仮想通貨の取引所は日本国内だけでも数十社あるので、その中から自分にあった取引所を選ぶ必要があります。

ビットコインの取引所の選び方

取引所と販売所の違い

かなりわかりにくいのですが、仮想通貨の取引所と言っても厳密には、『取引所』と『販売所』が存在します。仮想通貨の取引所の運営会社もこれらを区別せずに『取引所』を名乗っていることも多いため、注意が必要です。

取引所と販売所の違いですが、取引所は仮想通貨の売買を仲介する場所で、取引相手は一般ユーザとなります。一方、販売所は仮想通貨の販売会社が購入した仮想通貨を、その販売会社が決めた価格で購入する場所となります。

一般に販売所は取引所に比べて事実上の手数料(スプレッド)が割高に設定されています。

販売所で仮想通貨を売買するメリットはほぼないので、取引所で売買するようにしましょう。

取引所を選ぶポイント

信頼性/セキュリティ

近年、ハッキング事件が後を絶たず、巨額の資産流出も報じられています。

人々の記憶に残った事件では、Coincheck社のXEM(NEM)流出事件、マウントゴックス社の事件などが挙げられます。

自分の資産を信頼のおけない取引所に置いておくと、最悪の場合お金が返ってこないため、これが一番重視されるべきポイントとなります。

投資金額が大きい場合は、取引所に預けるのではなく、自分のウォレットで管理する方法がおススメですが、多少手間がかかる点がネックです。

手数料

手数料の安い取引所の方が投資効率が良いので、できるだけ手数料の安い取引所を選びましょう。

取り扱い通貨の種類

将来的にアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に手を出したい場合などは、他の仮想通貨も取引可能な取引所を選ぶ方が利便性が高くなります。

ビットコイン売買におすすめの取引所

ビットコインにかかわらず、アルトコインも含めた仮想通貨全般のおすすめランキングは、こちらをご参照ください。

ここでは、ビットコイン売買のみに特化したおすすめランキングを掲載します。

1位:GMOコイン

まずはGMOコイン。GMOコインは、GMOグループが運営してる仮想通貨の取引所です。

GMOグループは東証一部上場企業でFXなども手掛けているため、セキュリティ面に信頼がおけます。

また、売買手数料がMakerが-0.01%(お金がもらえる)、Takerが0.05%と安いため、初心者から上級者までおススメできます。(※Makerは板にない指値注文をすることで、Takerは板にある指値注文/成行注文をすることです。)

スマホアプリも充実しており、文句なしの1位です。

2位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckは流出事件以降、大手資本のマネックスグループ傘下に入り、セキュリティ面や資本の面でかなり安心できる取引所になりました。

売買手数料は無料で、スマホアプリの見やすさには定評があります。

以前、No.1取引所だったこともあり、流動性が高い点も魅力的です。

3位:bitbank(ビットバンク)

手数料はMakerが-0.05%、Takerが0.15%と安い点が魅力的です。

また、Rippleの取引高が世界有数レベルで、Rippleなどのアルトコイン売買にもおススメです。