「クアドルプル・ウィッチング・デー」とは?


アメリカのクアドルプル・ウィッチング・デーの前後は株価が荒れやすいと言われています。

値動きが激しくなりやすい傾向があるため、投資家としては注視すべきポイントでしょう。

この記事では、クアドルプル・ウィッチング・デーについてまとめます。

クアドルプル・ウィッチング・デーとは?

クアドルプル・ウィッチング・デーとは、アメリカ市場で、「株式指数先物」、「株式指数オプション」、「ストックオプション」、「個別銘柄のオプション」、の4つの取引が同時に期限を迎える日のことです。

3月、6月、9月、12月の第3金曜日がクアドルプル・ウィッチング・デーになります。近年、取引期限の時間はバラバラに設定されています。

日本で言うところの「メジャーSQ」に相当する概念です。

注目される理由

クアドルプル・ウィッチング・デーでは、先物やオプションの期限を迎えることから、期限の乗り換えや現物株の精算などが行われやすく、取引高が通常時に比べてかなり多くなります。

また、機関投資家などの投資家の思惑が交差しやすい日でもあるため、値動きが荒れやすく、思わぬ株価の上昇や下落が生じる場合があります

このことから、クアドルプル・ウィッチング・デー直前の第3週目の水曜日以降は、警戒感から投資家のポジション整理の動きが出やすく、否が応でも注目せざるを得ない日であると言えます。

なぜウィッチ(魔女)と呼ばれるのか?

クアドルプル・ウィッチング・デーには「ウィッチ(魔女)」という単語が使われていますが、これは古くからの言い伝えで、魔術が特に強力かつ活発となる時間は夜の短い時間である、ということに由来します。

クアドルプル・ウィッチング・デーは、夜の一定時間に市場が荒れやすいことから、ウイッチに重ね合わせてこのように呼ばれるようになったとされています。