「新株予約権」とは?個人でも買える!


新株予約権は一定の条件を満たせば、新株を発行して受け取ることができる権利です。

新株予約権の中には一般の投資家も購入できるものがあるため、投資対象として知っておいた方がいいでしょう。

この記事では、新株予約権についてまとめます。

新株予約権とは?

新株予約権とは、権利を行使することで株の交付が受けられる権利のことです。

新株予約権の権利所有者は、一定の行使価格を支払うことで株の交付を受けることができます。

従来のストックオプション、転換社債の転換権部分、ワラント(新株引受権)などの総称を合わせて新株予約権と呼ぶようになりました。

個人でも得られる新株予約権

転換社債

転換社債は株に転換する権利が付与された社債のことを言います。決められた時期に発行された際に決められた転換価格で社債から株に変更することを発行体に請求することができます。

株価を基準に、ある一定価格以上に値上がりした際には転換社債を株に転換することで利益を得ることができます。逆に、転換権を行使する義務はないため、株価が下落した際は社債のまま保有して、債券の金利を受け取ることができます。

転換社債は株に転換して大きな利益が得られる可能性がある上に、社債として安定的な利回りを得ることも可能なので、転換社債自体の利回りが低くても投資を集めることができます。

多数の著名な大企業が転換社債を発行しているため、個人投資家でも購入することができます。

ストックオプション

ストックオプションは主に社員向けで、「自社株を決められた期間に、定められた価格」で取得できる権利です。株価は業績と連動する傾向があるため、ボーナス的な側面も持ちます。

企業価値を上げれば、ストックオプションを行使できるので、社員も企業価値を上げよう、という意識が働きます。