『Libra』とは?facebookの仮想通貨!


2019年6月18日、facebookが独自の通貨『Libra』を発行することを発表しました。

巨大企業のfacebookが仮想通貨事業に参入したことは、仮想通貨業界にとって非常に明るいニュースだと思います。

この記事では、Libraに関する情報をまとめました。

Libraとは?

Libraはfacebookが発行する仮想通貨です。

仮想通貨全般の特徴でもありますが、『誰でも簡単に交換可能で、トランザクション(取引)が簡単に行う』ことが可能な仮想通貨です。

Libraはドル、ユーロ、円、ポンドなどの主要通貨や国債などの安定資産を織り交ぜた準備金を裏付けに価値が決まります。

したがって、特定の通貨に連動していないものの(いわゆるステーブルコインではありません)、裏付けが安定資産なのでほぼステーブルコインであると言えます。

Libraのパートナー企業

Libraにはfacebookのみならず、様々な企業がパートナー企業として参入を表明しています。

VISAやMastercardのみならず、Booking.comを運営するBooking HoldingsやUber/Liftなど様々なサービスでも利用可能予定です。

支払い系

VISA、Mastercard、PayPAL、PayU、Stripe

サービス系

Booking Holdings(Booking.com運営会社)、eBay(世界最大級の電子商取引サイト)、Uber(カーシェアリング)、Lyft(カーシェアリング)、Spotify(音楽ストリーミング)、Farfetch(アパレルサイト)など

通信系

Vodafone、lliad

その他

上記のみならず、ベンチャーキャピタル、ブロックチェーン、非営利団体なども参加しています。

Libraの強み

facebookが運営

Libraは世界で23億7500人の月間アクティブユーザを有するfacebookがeコマースや送金サービスに使うと宣言しているので、大きな市場が出来上がる可能性があります。

パートナー企業が充実

既存の決済手段を提供するVISA、Mastercard、Paypalなどが参加しただけでなく、Uber、eBayなど様々なサービスでLibraが活用できることから、経済圏の広がりが期待できます。

安定的な値動き

既存の安定資産を裏付けにした仮想通貨であるため、投機的な対象になりにくく、安定した値動きが期待できます。

投資家にとっては残念かもしれませんが、実利用を考えると値動きが小さく、価値が安定している方が望ましいので、利点でもあります。