「Qアノン」とは?陰謀論?


アメリカでは、「Qアノン(QAnon)」という政治にまつわる陰謀論があります。

Qアノン信者は一定数おり、全米中の国民の1割程度がこのQアノンを信じている、もしくは支持している、と言われています。

この記事では、Qアノンとは何か、ルーツなどについて解説します。

Qアノンとは?

Qアノン(QAnon)は極右の陰謀論です。アノンはアノニマス(匿名)の略語です。

様々な説がありますが、核となっている思想は、「リベラル思想のハリウッド俳優、民主党の政治家や高官が、悪魔崇拝と児童虐待の陰謀団に関係しており、トランプ大統領は彼らと戦っている」というものです。

また、トランプ大統領は、数千人にのぼる陰謀団のメンバー*1を逮捕し、グアンタナモ湾刑務所*2に収容したり、軍事法廷にかけたりする計画(「The Storm(嵐)」と呼ばれる)を立てているとされています。

この結果、最終的には救済*3が行われ、地球上にユートピアが産まれる、そうです。

ただし、これらの説は根拠が特にないとされており、客観的に見るとただの陰謀論の域を出ない話です。

*1:オバマ前大統領、ヒラリークリントン、ジョージ・ソロスなどがメンバーとされています。
*2:アフガニスタン紛争やイラク戦争時のテロ関与疑惑のある人がここに収容された。
*3:キリスト教的には罪や束縛からの解放を意味する。

Qアノンのルーツ

2017年10月頃に4chan(海外英語圏の掲示板)で「Q」を名乗る人物が、アメリカ政府の機密レベルの話だとして、上記のような陰謀論を書き込みました。

その中には、トランプ大統領の選挙スローガンや発言などが散りばめて入れられており、「Q」はおそらく単一の人物でトランプ支持者であると言われています。

これがSNSやYoutubeなどのネット上で拡散され、原文から尾ひれがついて、様々な誤情報を含んだ陰謀論全体が「Qアノン」と呼ばれるようになりました。

Qアノンへの対応

Twitter、facebook

Qアノンの中には過激なものや根拠のないものが多いため、TwitterやfacebookなどのSNS各社はQアノンなどの極右の陰謀論を語るアカウントを停止するなどの対処を行っています。

トランプ大統領

トランプ大統領自身はこのQアノンについて直接的に認めるような発言は行っていませんが、「Qアノンを信じる集団が自分を支持してくれている」ことは認知しているようです。

トランプ大統領はTwitter上でQアノン支持者の発言をリツーイトしたり、息子のエリック・トランプ氏も同様にQアノンの拡散用素材をインスタグラムに投稿したりしているため、Qアノン支持者をうまく取り込もうとしているようです。