「イナゴ」「イナゴタワー」とは?投資用語!


インターネットでイナゴやイナゴタワーという単語を見たことがありませんか?

これらの言葉は投資のスラングの一種です。

ここでは、イナゴ/イナゴタワーについて記します。

意味

イナゴ(トレーダー)

イナゴの大群に例えた表現で、特定の銘柄に殺到する個人投資家を揶揄して言います。

イナゴ、イナゴトレーダー、イナゴ投資家は全て同じことを指しています。

テレビ/新聞/ネットなどのニュースや、Twitter/FacebookなどのSNSで情報を得た個人投資家が、その情報を材料として、一気に当該銘柄を売買することがあります。

ただし、これらの個人投資家は短期売買狙いであることが多いため、資金の足が早く、急騰や急落を招きやすい傾向があります。

2013年に信用取引の規制緩和が行われたことや、証券会社の手数料が下がったことにより、個人投資家のデイトレーダーが増えたことも一因です。

イナゴタワー

好材料が出た銘柄の場合、実態に乖離して一気に株価が急騰してから暴落することがあります。

この急騰と暴落が描くチャートがタワー形になることから、イナゴタワーと呼ばれています。